Archive for the ‘未分類’ Category

アラーム設置で保険加入

自動車盗難や、車上荒らしの被害は増加しており警視庁の犯罪データの公表、新聞・雑誌・TVなどの報道により、セキュリティ意識の向上は少しづつしているものの、まだ、サイレンなどによるセキュリティ認識は高いとは言えません。セキュリティのために取り付けた製品を正しく使用していなかったために、不用意にサイレンを鳴らしてしまい、逆に近所に迷惑をかけてしまったという事例もあります。保険の適用と加入ですが、盗難多発車の場合は、新規で一般車両保険へ加入する際に断わられる場合があります。たとえ、自動車メーカーが純正でイモビライザーを装着している車でも断わられることがあります。これは、純正のイモビライザーだけでは窃盗犯から車を守ることができないと判断されているからです。新規ではない場合は大半は契約可能で、車が盗難された場合に保険金が支払われますが、その後の継続契約ができなくなってしまいます。純正のイモビライザーが付いていない車種に関しては、アラームを装着する場合に加入ができるようになり、割引も適応範囲内となることが多いようです。ですがこの場合は、保険会社にセキュリティに使用する製品名、装着の際に利用したショップ名を伝える必要があることがあります。

正しくメンテナンスして使う

車の良いコンディションを維持するためには、日頃からのメンテナンスが欠かせません。車は何の手入れをしなくても乗ることができるものではありません。車検において重要な部分の保守点検は行われますが、車検と車検の間にも行わなければならないものがあります。たとえば、簡単にできるものとしては、タイヤの空気圧の確認です。見た目にも減っているなと思ったら、ガソリンを入れるついでに空気も入れてもらうようにすると良いでしょう。車の空気がなくなると、燃費が悪くなり、ハンドリングも重くなります。また、雨降りのときに、ワイパーをかけても、水滴がきれいにとれないときは、ワイパーを買いける必要があります。また水垢がこびりついてしまったら、水垢とりで取り除きましょう。エンジン関係では、エンジンオイルの交換があります。オイル交換の目安は半年に一度か6000キロに一度が良いと言われていますが、コストをかけたくなければ、長くても1年に一度、1万キロに一度は交換したほうが良いでしょう。オイルを交換すれば、エンジンが劇的に快調になります。音が静かになり、燃費も良くなります。まエンジンオイル交換に2回に1回はフィルターも交換するようにしましょう。

価格や設置費用

カーセキュリティーは、販売しているショップなどにより値段の違いがありますが、アクセサリータイプの超簡易型で約15000~35000円前後、簡易型で約30000~50000円前後で、取り付けに少し時間を要するもので80000円程度となります。専門店で販売されているカーセキュリティーの価格表記は原則として取り付け費用込の価格です。値段は約60000円前後からとなり、高いものだと80000~150000前後になります。さらに、防盗性を向上させたり、追加のオプションセンサーなどになると300000円前後のものまで販売されています。カーセキュリティーは価格帯が幅広いため、何を選んだらいいか迷ってしまう方も多いです。カーセキュリティーを選ぶ際の目安として、車両購入価格+装備(車外ナビ等)+搭載物の約5%となります。盗難上位車や人気者、防犯性が低い車、スポーツカー、ミニバン、ライトバン、趣味や機材を積みっぱなしにしている車に関してはさらにパーセンテージを増して考えるといいでしょう。カーセキュリティーの選択としては、VAS基準に適合しているものを選ぶことが大切です。注意点として、ネットオークションなどで出品されている激安の輸入品には気を付けましょう。

正しい使い方

カーセキュリティーは装着すれば周囲にいる人たちにアラームや光を発して異常を知らせることが出来ます。サンバイザーに取り付けられる安価で購入できる装置は、アラームによる多少の威嚇は期待できます。取り付けは簡単で自分で設置することが出来ますが、取り付けかたや取り付け場所に問題があると、誤作動を起こしてしまう場合があります。
本格的な装置となると、車の持ち主に直接知らせたり、車のエンジンを掛けられなくする機種も存在します。しかし様々な機能で車上荒らしに対抗出来ても、車内に置いてある物品を盗んでその場から離れてしまえばまったく効果の無い物となってしまいます。周囲に人がいない場合でも同様です。また、こういった本格的な電子機器の機種は一部の機種を除いて車体のバッテリーで動作するため、バッテリーが放電した状態では使用できません。防犯対策のためのセキュリティーといっても、その性質を知って正しい使い方をしないと意味の無い物となってしまいます。
装置の取り付けは難しく、専門的な知識と高度な技術が必要とされます。装置には走行中にエンジンが停止する機能を持っている物もあるため、取り付ける場合はカーセキュリティー専門のプロショップに任せるのが良いでしょう。

選ぶポイント

車上荒らしの被害に遭わないようにする為には、盗難防止装置の装着が効果的です。その選び方ですが、何処までの監視を求めるかと、予算が関係してきます。単なる警告だけでいいのなら、1,000円以下で点滅式の警告灯と”盗難防止装置搭載車”のステッカーがセットになったものが購入可能です。視覚的な効果はあると思いますが、すぐに見破られてしまう可能性があります。高機能タイプになると、ドアの開閉を電流値や空気の流れの変化で検知したりして、クラクションやハザードの点滅で警告してくれます。それらは、DIYでの取付も可能ですが、逆に言えば、盗難者から見れば外しやすい、突破が容易とも言えるのです。盗難防止装置の専門店では、車両への取付はその販売店しか認めていないところもあります。その取付は、1日では終わらない場合も多く、それだけ、簡単には外されないような工夫をして装着しているという事です。このような高価格モデルともなると、車両側のバッテリーを外されてしまった場合でも、バックアップの電源がすぐさま作動して、アラームを発してくれます。さらに、そのアラームの発生を携帯電話やスマートフォンへ連絡をしてくれるようなシステムも存在します。

セキュリティー製品を設置して安全対策

現在の車のセキュリティー製品は、車の窓に貼るセキュリティーステッカーから電子的なキーの照合を行うイモビライザーなど多種多様にあります。
一般的に、車のセキュリティーは、車自体を盗まれないようにする事と車の中にある物やカーナビ、財布を盗まれないようにする事の2つになります。
車の中にある物を盗む事を、車上荒らしと言います。最近は、貴重品を車内に置いておく事は少ないですが、カーナビ、オーディオ製品は、車に備え付けてある物なので、特にカーナビは、高価な商品ですから、車上あらしに合い易いです。
この、車上あらしに有効なセキュリティーは、アラーム型セキュリティーシステムになります。ガラスを割るなどの衝撃やドアを開けられた時に警告音がなりますので、非常に効果的です。
車自体を盗まれないようにするセキュリティーは、物理的にハンドルを動かさないようにするハンドルロックやイモビライザーの2つになります。この2つのセキュリティーの中でもイモビライザーは、装備をしている車を対象とした保険料の割引サービスがあり、車の車両保険がお得になる事があります。
このように、車のセキュリティーのどれを選ぶかは、車を保管する場所、環境により変化していきます。
何事も油断せずに、自分の車に合ったセキュリティーを選んでください

 

被害に合いやすい状況

いくら治安のいいと言われている日本だったとはしても、盗難やスリなどがないというわけではありません。
海外に比べると数は少なかったとしても、日本でもそういった被害は報告されていますので、油断をして安心しきっているのは危険と言えるでしょう。
ですので、車の中のものを盗まれてしまうような被害もないとはいえないのです。
そこで、被害に合いやすい状況というのはどういった感じになるのでしょうか。
まずは、狙われにくくしなくてはなりません。
盗みを考えている人の目に付きやすいものとしては、鞄などが車内の目立つところに置いてある場合です。
鞄の中には財布などの貴重品が入っているという風に想像が出来るものになりますので、どうしても狙われやすくなってしまいます。
ですので、車内の目立つところにそういった貴重品が置かれているのといないのとでは、狙われる確率が違ってくるようになりますので、気をつけなくてはなりません。
ですので狙われる可能性を低くするためには、そういった危険な状態を作らないようにすることです。
鞄を盗まれてしまうというだけではなく、車を壊されてしまっては大変です。
被害に合ってからでは大変ですので、気を付けるようにしましょう。

被害に合いやすい車種

最近車の中の貴重品やカーナビなど高価な物を盗まれる被害が増えています。なぜ盗まれるかというと結んだカーナビや貴重品などをオークション等で転売するという手口が一般化しているからです。車種によっては純正のセキュリティーシステムが搭載されているものがありますが、純正の物ですとセキュリティシステムを解除されてしまう可能性があります。市販されているセキュリティシステムは純正に比べても強固ですが、解除するテクニックがそのうち発見されて、いたちごっこになっているのが現状です。貴重品であれば車内に置かない、車内の見えないところや隠すなど対策する事ができますが、ビルトインされたカーナビシステムについては隠す事が不可能です。犯人は車をこじ開けたり窓ガラスを割っでカーナビシステムを工具を使って取り外します。このような被害に遭わないためには車の停め場所に気をつける、セキュリティ効果が高いセキュリティシステムを導入する必要があります。またできればガレージの中に車を保管するのが望ましいでしょう。ガレージの中に車を保管する場合はガレージ内に防犯カメラを設置する事で後半の相乗効果を見込めます。このようにセキュリティ対策には費用がかかりますが、被害に遭わないためには対策が必要なのです。

盗難・車上荒らしの被害状況

盗難に合いやすい車と言うのがあります。もちろん人気車種、高級車などが合いやすいのですが、それだけでなく輸出しやすい車が狙われやすいのが現状です。組織的な自動車窃盗団があり、そういう窃盗団に盗まれた車は書類を偽造したり、部品の分解されたりしてほとんど輸出されます。その為世界中に輸出されていて、需要がある車が狙われるのです。具体的にはランドクルーザーとかハイエースバンなどです。これらの車は窃盗団に組織的に、計画的に盗まれるので、盗難防止も非常に難しくなっています。また最近ではカーナビゲーションの窃盗も増えています。車を盗んでも輸出するなどの車を処分する方法のない窃盗犯がカーナビやカーオーディオなどのアクササリーやパーツを目的に窃盗したり車上荒らしをしたりするケースが増加しています。特に特定のメーカーの純正カーナビを狙った窃盗が増えています。具体的にはトヨタのカーナビ専門の窃盗犯が捕まったりしています。パーツやカーナビを目的とした窃盗の場合パーツを取り外された状態で、車自身が発見されることが大半で、これは高級車だけでなく低年式の軽自動車なども狙われているのが現状です。パーツはばらされて中古品として販売される為、国内で販売しても盗難品と分かりにくくカスタムパーツ目的の盗難も増えています。