被害に合いやすい車種

最近車の中の貴重品やカーナビなど高価な物を盗まれる被害が増えています。なぜ盗まれるかというと結んだカーナビや貴重品などをオークション等で転売するという手口が一般化しているからです。車種によっては純正のセキュリティーシステムが搭載されているものがありますが、純正の物ですとセキュリティシステムを解除されてしまう可能性があります。市販されているセキュリティシステムは純正に比べても強固ですが、解除するテクニックがそのうち発見されて、いたちごっこになっているのが現状です。貴重品であれば車内に置かない、車内の見えないところや隠すなど対策する事ができますが、ビルトインされたカーナビシステムについては隠す事が不可能です。犯人は車をこじ開けたり窓ガラスを割っでカーナビシステムを工具を使って取り外します。このような被害に遭わないためには車の停め場所に気をつける、セキュリティ効果が高いセキュリティシステムを導入する必要があります。またできればガレージの中に車を保管するのが望ましいでしょう。ガレージの中に車を保管する場合はガレージ内に防犯カメラを設置する事で後半の相乗効果を見込めます。このようにセキュリティ対策には費用がかかりますが、被害に遭わないためには対策が必要なのです。