セキュリティー製品を設置して安全対策

現在の車のセキュリティー製品は、車の窓に貼るセキュリティーステッカーから電子的なキーの照合を行うイモビライザーなど多種多様にあります。
一般的に、車のセキュリティーは、車自体を盗まれないようにする事と車の中にある物やカーナビ、財布を盗まれないようにする事の2つになります。
車の中にある物を盗む事を、車上荒らしと言います。最近は、貴重品を車内に置いておく事は少ないですが、カーナビ、オーディオ製品は、車に備え付けてある物なので、特にカーナビは、高価な商品ですから、車上あらしに合い易いです。
この、車上あらしに有効なセキュリティーは、アラーム型セキュリティーシステムになります。ガラスを割るなどの衝撃やドアを開けられた時に警告音がなりますので、非常に効果的です。
車自体を盗まれないようにするセキュリティーは、物理的にハンドルを動かさないようにするハンドルロックやイモビライザーの2つになります。この2つのセキュリティーの中でもイモビライザーは、装備をしている車を対象とした保険料の割引サービスがあり、車の車両保険がお得になる事があります。
このように、車のセキュリティーのどれを選ぶかは、車を保管する場所、環境により変化していきます。
何事も油断せずに、自分の車に合ったセキュリティーを選んでください