正しい使い方

カーセキュリティーは装着すれば周囲にいる人たちにアラームや光を発して異常を知らせることが出来ます。サンバイザーに取り付けられる安価で購入できる装置は、アラームによる多少の威嚇は期待できます。取り付けは簡単で自分で設置することが出来ますが、取り付けかたや取り付け場所に問題があると、誤作動を起こしてしまう場合があります。
本格的な装置となると、車の持ち主に直接知らせたり、車のエンジンを掛けられなくする機種も存在します。しかし様々な機能で車上荒らしに対抗出来ても、車内に置いてある物品を盗んでその場から離れてしまえばまったく効果の無い物となってしまいます。周囲に人がいない場合でも同様です。また、こういった本格的な電子機器の機種は一部の機種を除いて車体のバッテリーで動作するため、バッテリーが放電した状態では使用できません。防犯対策のためのセキュリティーといっても、その性質を知って正しい使い方をしないと意味の無い物となってしまいます。
装置の取り付けは難しく、専門的な知識と高度な技術が必要とされます。装置には走行中にエンジンが停止する機能を持っている物もあるため、取り付ける場合はカーセキュリティー専門のプロショップに任せるのが良いでしょう。